福田ちかメールマガジン vol.127  

30年度予算が決まりました 

 

こんにちは 福田ちかです

昨日、第1回定例議会が終わりました。

5日間において予算特別委員会を行い、市民のみなさまからお預かりした貴重な財源をどう還元していくかしっかり審議し、昨日の本会議にて30年度の予算に対する賛否討論が行われ可決されました。

 

今回の予算で公明党としても要望してきたことの多くの施策が形となりました。

食品ロスの取り組みとして、市がフードバンク事業を始めます。まず初めのフードドライブは「環境まつり」から。市内飲食店で食べきり運動「3010運動」も始めまる予定で協力店を募集します。

 

子育て・教育においては多くの予算が投入され、一例として4月から母子手帳が保健センターのみの配布になり、専門家の面談等が行われます。妊娠から出産・子育てまで切れ目なくサポートできる体制を作りました「子育て世代包括センター」が開設されます。

 

高齢者支援においての施策「地域包括支援」もさらに進化していきます。在宅医療や認知症に対するサポートなど住み慣れた地域で生活ができるようにしてまいります。

 

4月1日からコミニティバス「ちゅうバス」の支払いにSuika(スイカ)やPASUMO(パスモ)の交通系ICカード利用ができるようになります。

もちろん今まで通りの現金や回数券も使用できます。

 

他にもさまざまありますが、他の機会に発信します。また、4月に支部会で市政のご報告をさせていただきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。